就業規則サポートNO1サイト

労働契約法の目的


労働契約法の目的(第1条)

労働契約は、合意により成立する原則を定める。

労働契約に関する基本的な事項を定める。

合理的な労働条件の決定又は変更が円滑に行われるようにする。

労働者の保護を図りつつ、個別の労働関係の安定に役立つことを目的とする。